いざ恋人と付き合い始めて、初めてのデートの日に雨が降っていたらテンションも下がってしまいますよね。だからといって、デートはできるだけ楽しいものにした方がいいに決まっています。逆に雨を利用することで普段では体験できないような思い出ができるかもしれないので、雨が降ったことをアンラッキーと考えずに、むしろチャンスだとプラス思考に考えていきましょう。 今回ご紹介するのは、そんなデートの当日に雨が降ってしまった時にやっておくべきことや、雨の日ならではのおすすめデートスポットなどを紹介していきたいと思います。

雨の日デートの持ち物

雨の日デートということで普段のデートではわざわざ持って行かないようなものをもっていかなくてはいけません。そして、首尾よく必要なものを用意していれば気遣いができる、思いやりのある恋人という印象を与えることができます。そこで、雨の日のデートで持って行った方がよいものをご紹介していきます。

濡れること・気温が低いことを意識した所持品

雨の日は当たり前ですが、服やからだが濡れることがありますので、それを見越したものを持っていくべきですよね。そこにさらに相手の事を思いやったものを持っていくことができれば好印象でしょう。例えば、傘はもちろんのことですが、相手が濡れてしまったことを想定してハンドタオルなんかも持っていくといいでしょう。天候が悪く気温が低くなっている場合もありますので、カイロなんかもあると便利です。

雨の日デートでの服装は?

雨で服が濡れることを想定したうえで、それに合わせた対策をすることも重要です。濡れると透けてしまうような薄手のブラウスなどは避けましょう。さらには、泥が跳ねてしまった時に目立つような白い服なども着ないほうがいいです。足もとが水浸しになりやすいのでフラットシューズなども注意が必要です。最近では、お洒落なレインブーツがありますので、そちらをはいていくべきでしょう。おすすめの服装としては体を覆うことができるポンチョなどをコーディネートに取り入れてみるのがおすすめです。

雨の日デートで気を付けるべきこと

普段のデートとは違い雨が降っているということもありますので、雨の日に合った心がけがとても大切です。相手を気遣うということを最大限意識して行動しましょう。

濡れた相手を気遣ってあげましょう

雨でせっかく着てきた服装が濡れてしまっては着ている本人にとってはとてもショックなものです。何気なくハンカチを差し出したり、相合傘をするときは相手が濡れないように傾けたりするような気遣いができるといいでしょう。屋根がある場所を歩くように意識をするというのも大事ですね。

無駄に歩かずタクシーを使ったほうがいい

雨の日に歩くのはあまり楽しいものではありません。いたずらに雨に濡れるぐらいなら、多少近い距離でもタクシー移動を心がけましょう。スマートにタクシーに乗る選択ができる人はとてもかっこいいですよね。男性側から「タクシー乗る?」と一言さっということができれば、ワンランク上の演出をすることができますよね。

雨の日のオススメデートスポット

さて、雨の日は普段のデートよりも行動範囲が限られてしまいます。だからといって楽しむ場所が全くないわけではありません。屋内でも楽しめるデートスポットはたくさんあります。ここでは、雨の日デート行くべきデートスポットを紹介していきます。

雨の日デートの鉄板!水族館がおすすめ

雨の日は屋内にデートスポットが限られてしまうのですが、こんな日だからこそ水族館に行くことはかなりおすすめです。雨でテンションが下がってしまっても、大きな水槽の中を泳ぎ回る魚たちを見ることで気分転換にもなりますし、普段であれば回れないような場所でも時間をかけて満喫することができます。博物館や美術館も同様におすすめです。

気分をスカッとさせるにはピッタリボーリング場

雨の日だからこそ体を動かしてスカッとしたいのであれば、屋内でできるボーリング場がおすすめです。テンションも上がりますし、爽快感もあります。二人で雨だけど思いっきりテンションを上げたい人にはとてもおすすめのデートスポットですね。

心も体もリフレッシュできるスパデート

雨の日は普段であればあまり行かないような場所がデートスポットになることがあります。そこでおすすめなのがスパです。雨の日にあまり活動的なデートはめんどくさいなと思うぐらいだったら、スパに行って2人で心と体をリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

雨の日にデートをするというのはなんとなく気分が落ち込んでしまいがちですが、ちょっと視点を変えてみれば、普段では体験できないようなことができたり、相手の知らなかった一面が見れることもあります。色々なことがあるかもしれませんが、雨の日でも2人の楽しい時間を満喫して下さいね。