女性も年を重ねれば、年下の男性を魅力に感じてしまうことありますよね。。 とはいいつつも実際にその男性にアプローチするには高いハードルがあるはずです。ともすれば年齢が年齢なために結婚を意識され、重たそうというイメージを抱かれてしまいかねません。そこで今回は年下男子へのアプローチ術を紹介したいと思います。

年下男子を気軽にランチに誘ってみる

男性に対してアプローチする方法として2人きりで食事に誘うというものがありますが、年上の女性が年下の男性を食事に誘うのは男性にとってみれば、何か大事な話があるのではないかと警戒されてしまいがちです。そこで、おすすめなのが、ランチに誘ってみるということです。ランチであれば、仕事の休憩時間であれば1時間やそこらで済むので、男性側としても気軽に行きやすいというのもありますし、職場の先輩と交友を深めるいい機会であると思わせることができるので、簡単に誘うことができます。そこで仲良く話して距離を縮めることができます。年下の男性に対して、気軽に接点を持つきっかけを作るとすれば、ランチに誘ってみるというのが効果的ですね。

年下男子の相談に乗って、一緒に悩んでくれる

例えば、意中の年下男子が職場の同僚であった場合、先輩という立場を利用して距離を縮めることができます。その方法とは、年下男子の悩み事の相談に乗ってあげるというものです。人に悩みを話すという行為は悩みがある人であれば誰もがしたいと思うものなので、年下男子が悩んでいるそぶりを見せているようであれば、積極的に「どうしたの?」と声をかけてあげましょう。その悩みが仕事の事であれば、職場の先輩としてアドバイスができますし、その他の悩みであれば人生の先輩としてアドバイスを送ることができるので、こういった機会に年上であるということを利用しましょう。そういった悩み相談を通じて距離を縮めることができるので、効果的なアプローチ方法といえますね。

年下男子の話題に関心をもって話す

年齢差があると一番厄介なことでもあるのが、ジェネレーションギャップがあるということです。年が少しでも離れていれば、その世代の趣味趣向や流行りものなどが全然異なっていることはよくある事です。そう言った場合に、年下男子とコミュニケーションをとったとき、会話がうまく盛り上がらないといったことが生じる可能性があります。このような場合に対しては、年上である女性側が話題に関心を持つことが大切です。必ずしも年下の世代が好きな物を把握しておく必要は全くありません。大切なのは、その話題に対して関心をもって、理解するということで、常に「教えてほしい」というスタンスを保つことが大切です。そうすれば関心のある話題がずれていても楽しく会話をすることができます。

年下男子と個人的な接点を持つ

やはり恋愛において大切なこととしては、意中の男性に向ける好意を、その他大勢と同じような好意と思われずに、特別な感覚を持たせることですね。そのためには、個人的なメールやLINEで連絡をとってみましょう。食事の誘いやデートの誘いなどあからさまなものではなく、気軽な話題から連絡を取るというのも意識すべきポイントです。男性に対して、意識しているということを感じさせることが重要ですね。

まとめ

年上であるということは女性の場合恋愛において不利に働く可能性が高いと思われがちではありますが、年上であるということうまく利用することで、年下の男性にうまくアプローチをする方法はたくさんあります。もしあなたが年下男子を好きになってしまったなら、このようなアプローチ方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。